Category Archives: リスク

施術後に後悔…男性の悩みにつけ込んだ悪徳な包茎手術クリニックとは

男性の悩みにつけ込む包茎手術クリニックがある

見た目のコンプレックスがあり見た目を良くしたいと思っている、痛みやかゆみ、湿疹やかぶれなどの症状があり治療したいなど、男性にとって包茎手術をすることはとても大切なことです。真剣に悩んでいる人も多いのですが、人には相談することができないという人も多く、クリニックに行って包茎手術を受けてから後悔してしまうこともあるので注意が必要です。

男性の悩みにつけ込み、必要以上の手術をすすめたり、オプションや追加料金が発生したりして費用が高額になるなどが、後悔する人が多い事例です。また料金が安かったので包茎治療を受けたけれども、思っていたような効果を実感できなかったということで、後悔している男性もいます。

包茎手術で後悔するような費用設定や追加料金、勧誘があったり、イメージと違う治療になったりと悪徳な包茎手術クリニックがあることを念頭に置いて、信頼できるクリニック選びをすることが包茎手術で後悔しないためのポイントです。

施術後に後悔しないために重要なのがクリニック選び

男性の悩みにつけ込んだ悪徳な包茎手術クリニックがある一方で、悩みに寄り添い適切な治療や手術を行っている信頼できるクリニックもあります。施術後に包茎手術のことで後悔しないためには、良いクリニックを選ぶことがとても重要です。

行ったことないクリニックの中から信頼できるクリニックを選ぶのはとても難しいですが、実際に包茎手術をしたことがある人から評判の良いクリニックを見つけることが第一歩になります。口コミを参考に、対応や費用などの評判が良いクリニックをいくつか選びます。

他の人にとって良いクリニックが、自分にとっても良いとは限らないので、口コミでの評判が良いクリニックをひとつではなくいくつか選んでおくことがポイントです。良さそうなクリニックを選んだら、ホームページを確認し、カウンセリングを申し込みましょう。

無料や格安の費用でカウンセリングを受けることができるクリニックが多いので、実際に自分でカウンセリングを受けて見極めてから決めることをおすすめします。

まとめ

包茎手術で後悔しないためには、悪徳な包茎手術クリニックではなく、信頼できる評判の良いクリニックで包茎手術をすることがポイントになります。評判が良いクリニックを口コミなどで探して、実際にカウンセリングを受けることで、対応や費用などを比較してから選ぶことができます。追加料金の有無や麻酔代、薬代が別料金かどうか、オプションをむやみに進めていないかなどをチェックポイントとしてカウンセリングを受けることがポイントです。

包茎手術で後悔しないために必要な知識

治療法や治療費などが明確化チェック

包茎手術で後悔しないためには、クリニック選びを慎重に行うということが必要です。包茎手術の施術法は1つではなく切開を伴う手術もあれば、メスを使わない方法もあります。メスを使う手術としては環状切開や亀頭直下切除、陰茎根部環状切除といった方法が一般的です。

メスを使わない方法の包茎手術としては、ナチュラルピーリングや根元固定法といった施術法が行われています。状態は患者の希望によって1人1人に合った、最適な包茎手術を受けるにはできるだけ包茎手術の種類が豊富なクリニックを選ぶと良いかもしれません。

また、包茎手術を受ける前に最終的にどのくらいの費用がかかるのか、お金のことも聞いておくのが包茎手術を後悔しないために必要なポイントです。

公式サイトには費用数万円と記載してあっても、カウンセリングでどんどんオプションをプラスされ治療費が高額になるケースもあります。

治療にかかる費用を全て明確に説明してくれる、患者が希望しないオプションを無理やり進めないかも、チェックしてクリニックを選ぶと良いでしょう。

医師の経歴など技術や知識も抑えるのも後悔しないポイント

包茎は男性にとって、とても大きなコンプレックス・悩みとなる症状です。自分に自信をつけるためにも、包茎手術を受けることをおすすめしますが手術を受けたからといって、必ずしも自分が希望していたような仕上がりになるとは限りません。

医師の技術や知識のレベルが低かった場合、いかにも「包茎手術を受けました」というような不自然な仕上がりになってしまいます。このような状態となってしまったら、包茎は解消されてもまた新たな悩みが生まれてしまうでしょう。

より良い仕上がりを得るためには施術を行う医師の、技術や知識力をチェックすることが包茎手術をのちのち後悔しないためには必要です。

今まで医師としてどのような経歴を経てきたかチェックしてみましょう。泌尿器科専門医であれば包茎手術だけでなく、男性器全般にわたる知識力が豊富であると判断できる1つの目安となるでしょう。

医師の経歴は公式サイトに掲載されていることが多いですが、もし記載がない場合はカウンセリング時に効いてみると良いかもしれません。

まとめ

包茎はとてもデリケートな悩みということもあり、なかなか周囲に相談できないという人が多いでしょう。本当に包茎手術を受けてコンプレックスを解消できるのか、治療にかかる費用はどのくらいか、失敗しないかなど、様々な不安を感じるかもしれません。

このような不安を少しでも解消し安心して包茎手術を受けるために、そして包茎手術を受けたことを後悔しないためにも、このようなポイントを押さえて信頼できるクリニックを探してみましょう。

包茎手術でペニスの機能が低下?後悔しないためにリスクを知る

包茎手術後に発生する可能性のあるリスク

実は包茎手術は、意外と難しい手術と言われています。ペニスの勃起は人によって形に差があるので、立体的にデザインを想像して手術する必要があるからです。正しい方法、正しい術後管理を行っていればそれほどリスクの高い手術ではありませんが、包茎手術でもリスクがあります。どのようなリスクがあるのかを知って、術後に後悔しないようにしましょう。

包茎手術のリスクには痛みや傷が目立つ、腫れ、傷が感染したという手術特有のものもありますが、見た目が不自然になった、感度が悪くなった、勃起しなくなった、包茎に戻ったまたは悪化した、亀頭が壊死したなどのペニス特有のリスクもあります。

包茎手術には通常の感情切開法、亀頭直下切開法やバックカット法、ヒアルロン酸注射など複数の手術法が存在しています。どの術式にもメリットとデメリットがあり、リスクの中には術式の選択で起きやすいものや最小限に抑えられるものなどもあります。

ペニスの機能が低下してしまい後悔する人も

包茎手術後にペニスの機能が低下する場合ももちろんあります。包茎・美容クリニックを中心に亀頭直下法などのリスクの高い手術方法を行なっている場所が存在しているからです。亀頭直下法という手術方法で手術を行なうと、性感が低下してしまうことがあります。

亀頭直下法では、性感帯が集中しているリッジバンドという部分を切ります。性感帯が集中している部分を切ってしまうのですから、手術後に感度が低下するというリスクがあります。また、手術中にペニスの皮を切りすぎて勃起不全となるというリスクもあります。勃起中に手術を行うわけではないので、執刀医はペニスを想像して切ります。

しかし、勃起時のサイズは人それぞれなので、手術後に皮が足りなくなって勃たなくなったり、皮が突っ張って違和感や痛みを感じてしまうということがあります。
手術は執刀する医師によって、手術方法が異なります。包茎手術をした後に実際にこれらの症状が起きてしまった時には正しく対処することでリスクを軽減することもできるので、後悔する前に医師に相談しましょう。

まとめ

ネットや広告などで包茎はカッコ悪い、不潔などといったイメージが広がっており、包茎に悩んで手術を行う人が増えています。実際に外科手術を行うので、リスクがつきものです。症状にあった正しい術式、術後ケアを行わないと、さまざまなリスクが起きることがあります。術後に性感が落ちた、勃起しなくなったなどの症状で手術したこと自体を後悔する人もいるので、包茎手術に対する正しい知識とリスクを知ることで術後に後悔することがないようにしていくことが必要です。

包茎手術の後悔とリスク

仕上がりが不自然になるリスクがある

包茎手術は男性にとって大きな悩み・コンプレックスを解消するための治療、さらに見た目にも変化がみられるため、より自然な仕上がりを目指したいものです。

ですが包茎手術の後悔とリスクで多いのは、術後に不自然な仕上がりになってしまうというケースです。
例えば包茎手術後、後悔する人が多い失敗ケースとしては「ツートンカラー」が挙げられます。
いつも包皮の中に隠れている肌色の部分と、もともと外に出ていて茶色く色素沈着している部分の包皮を縫い合わせる環状切開法という包茎手術で起こりやすい失敗です。
包皮部分が明るい部分と茶色い部分と、くっきりツートーンに分かれてしまうので包茎手術を受けたということがばれてしまいます。

またペリカン変形やちょうちん変形といった、男性器の形が変わってしまうというのも包茎手術後に起こる失敗の1つです。

このように不自然な仕上がりになってしまうと、大きな後悔となってしまうので包茎手術を受けるクリニック選びは時間をかけて、十分に行うようにしましょう。

不感症・遅漏といった合併症が起るケースも

包茎手術を受けた後、感度が鈍くなってしまわないか・勃起できなくなるのではなど男性器の機能自体が低下してしまうのではと不安を感じる人も多いかもしれません。

包茎手術を得意とする技術力・知識力が高い、さらに多くの患者さんに施術を行ってきた経験豊富な医師であれば、包茎手術後にこのような状態になってしまうリスクはかなり低いようです。

ただし全く男性器としての機能が悪化してしまう、失敗がないのかというとそうではありません。
場合によっては性感の低下・不感症・遅漏といった合併症が起こるケースもあります。

このようなリスクは亀頭直下法で手術を行なった場合に起りやすいと言われており、性感帯が集中している部位を切除したことが原因で発症する症状です。

性感の低下・不感症・遅漏という症状は包茎以上に、男性にとっては大きな悩み・コンプレックスになってしまうでしょう。

包茎手術を受けたことを後悔してしまう原因となるので、包茎手術の施術法も慎重に検討することをおすすめします。

まとめ

包茎手術を受けて後悔するケースとしては、失敗してしまったということがまず挙げられます。
ツートーンカラーになってしまったり、通常とは全く異なる男性器に変形してしまうなど見た目的にトラブルが起こる場合も少なくありません。

また見た目とは別に性感の低下・不感症・遅漏と、男性器の機能が悪くなる失敗もあります。

包茎手術後に後悔しないためにも、どのような失敗リスクがあるのかなどを事前にチェックして、把握しておくことが大切です。